ミニマニスト

【ミニマニスト】最小限主義者のこと。音楽・美術などの分野ではミニマムアーティストとも呼ばれる。

 

IMG_4088

 

その他に、

「機能性重視ミニマリスト」は、機能性、機動力を重視した結果、持ち物が最小限になったタイプのミニマリストです。

「美観重視ミニマリスト/シンプリスト」は、「物が少ない」という空間の調和を重んじます。モデルハウスのような家を至上としており、そのため、自分の所有物か否かに関わらず、自分のテリトリーに物があることを嫌がります。

「束縛を嫌うミニマリスト」ーーこのタイプは、とにかく所有物がもたらす重ったるさを嫌います。機能性や美観は、彼らにとって必要悪であり、本心ではそれら必要悪的所有物も削りたいと考えています。

とにかく捨てることが気持ちいい、捨てていると満たされる、捨てることがライフワークだというタイプのミニマリストが、この「捨て至上主義なミニマリスト/シンプリスト」。

 

ひとえにミニマニストと言っても、いろんな種類があるんだなぁ〜。

 

先日、やかんを買いました(写真上)。

このやかんにたどり着くまで、かれこれ7年はかかった!!!

 

私は本当に気に入ったものしか買わない。

それが多少高くても。

妥協してものを買わない。

高い買い物でも、それを長年買い換えずに愛着を持って使うと、結局は安くついたりするんだよねー。

無駄な出費を考えると。

 

でも私の場合、値段の問題ではなく、こうだ。

 

無駄なものは持ちたくない。

 

物を沢山持つと、ストレスが溜まる・・・。

 

もちろん私はミニマニストではない。

現に書籍は溜まる一方で、1000冊は家にあるだろうなぁ・・。
(それでも引越しのたびに整理し、1000冊は譲渡・廃棄したと思われます。。。)

書籍の話は置いといて、

例えば、キッチングッズとか極端に少ない。

包丁は1本しかないし、鍋も3つしかない。

やかんはようやく最近買ったし、とにかく必要最低限のものしか持ちたくない〜。

 

大学1,2年は寮生活を送っていたんですが、その時テレビは見れなかった。

入寮当時は「テレビが見れないなんてありえない!」と思ったけど、

それも慣れてしまえば、テレビを見ることが意味をなさなくなった。

元々読書家だったが、テレビがなくなり、読書家に拍車がかかった。

 

ハンガリーに住んでいた時は、アパートに電子レンジがなかった・・・。

不便だったけど、そのうちないことが問題ではなくなった。

 

最近、冷蔵庫を買ってもらった(母親に)。

なぜなら・・!?冷凍室が壊れてたから。。。。(ついでに冷蔵室もあまり冷えない)

しかも壊れて、そのまま4年間も放置(結局11年間使った)。

アイスは常備できなかった(冷食はかろうじてOK)。

氷が作れなかった。。。

それでもさほど不便ではなかった。

でも今、氷が作れて(かき氷が家で食べれる。ウイスキーがロックで飲める 😀 )、冷え冷えの飲み物が飲めて、非常に便利!!

 

 

全て「所有」してると非常に便利なんですが、なくてもどうにでもなるんですよねー。

やかんも色々見てきたけど、どれも私の心をワクワクさせてくれなくて、数年間持たなかったけど・・・

今は毎朝起きて、コーヒーを入れるためにお湯を沸かすことが楽しみ。

ちなみにホーローのやかんです。

取っ手があちちになるので、注意。

 

 

とはいえ、やっぱり本やCD、アクセサリーは増える。

服は買うなら1つ捨てるようにしている。

捨てるとね、心がスーーーッとする。

「今日は何を捨てようかなぁ?」と思う日がある。

「無駄なものはもたないぞー!」と生活してても、やっぱり捨てるものがあるってことは、

無駄なものを買ってるんだろうなぁ・・・。

 

 

ちなみに、音楽に「ミニマムミュージック」というものがある。

どういうものかというと、音の動きを最小限に抑え、パターン化されたリズム・音型を繰り返す音楽。

 

すごーくわかりやすい曲は、『ゴジラのテーマ曲』!!

 

 

あぁ、台風のこんな日は物を捨てたい、整理したい・・・・。