FaceTimeでフルートレッスン

FullSizeRender

 

台風の翌日、思う以上に公共交通機関に影響あり。

台風の影響、恐るべし!

レッスンの仕事に向かおうとも、午前中の時点で全てのルートが通行止めまたは、

電車の復興目処立たず・・という。

なので、この日のレッスンは泣く泣くおやすみとなる。

 

でもどうしても翌日に本番を迎える生徒さんがいらっしゃって、レッスンの必要ありで、

「さてどうしたもんかなぁ・・・」と頭をひねったところ、「そうや!」閃いた!

 

images

Macパソコンに内蔵(搭載?)されてる「FaceTime」でフルートレッスンを試みました。

 

この「FaceTime」めちゃくちゃ便利なんですよねー。Mac同士なら。

私の創るフルートオリジナル曲の打ち合わせも、ある程度なら可能。

顔を見ながら話が出来るのは電話と違って臨場感がプラスされ、Good!

昔は「skype(スカイプ)」を使ってたんですが、あれはあれで便利だが音声がよくない時があった。

「skype」も、で始めた頃、画期的やったね。

「無料通話出来るんやー!」みたいな・・・。

今はLINE(ライン)なんでしょう、一般的に。

私はLINEは使用してませんので、詳細は分かりませんが・・・。

 

で、レッスンは滞りなく進み 😛

でもやっぱりどぉ〜しても僅かな時間差があるので、デュエットなどアンサンブルはNGです。。。

あくまで、応急的処置。

それでもやって良かった 🙂

 

ゾッとするのが、

現地まで行く手立てがない日に「本番」があった場合。

 

私たちプレイヤーの仕事は変わりがいない・・・。

 

ほんと、オンリーワン。な存在なんです。

だから本番があるなら絶対!何が何でも!現地に到着しないといけない!

こんな日はどうしただろうなぁ・・・。

多分、超早朝(渋滞見込んで)からタクシーで(いくらかかっても仕方ない)、

現地に向かうだろうなぁ・・・。

もう時間やお金の問題じゃない!

プレイヤーのプライドにかけて行く!

私だけじゃなくて、プレイヤーみ〜んな、そういう心意気だと思います。

 

でもやっぱり考えただけでゾッとする・・・。