涼しいと練習も作曲もはかどる〜

FullSizeRender

 

六甲山の朝晩はもう秋風が吹き、日差しも空もは秋めいて「芸術の秋」の足音が聞こえる〜。

私の大好物のスイカのシーズンも終盤を迎え、

それと同時に、スイカを食べると体が冷える〜〜。

でもまだまだ昼間は残暑厳しいんだろうなぁ。

 

真夏の楽器練習はかなりきつい。

クーラーを使用は不可欠で、

高温多湿の中での練習は人間にも楽器にも悪影響を及ぼす。

人間は熱中症になり、

乾いた土地の西洋出身楽器たちは悲鳴をあげる。

 

作曲もそうだ。

暑いとただ、「暑い暑い!」の曲になる。
(あくまで私個人の見解。ベテラン作曲家は絶対そんなことはないでしょうけど 😉 )

「暑い暑い!」の曲っていうのは嘘だけど・・

クーラーの中ジッとピアノの前に座って創作するのはなかなかしんどい。

 

だから涼しくなると、練習も作曲もとたんに捗る。

午前中は練習〜

夜は作曲〜

昼は・・・・昼寝・・・ 😎

理想的!!!

IMG_4293

 

ちなみに昼寝時間の長さ別、効果は以下。

 

■10-20分間昼寝をした場合
短い昼寝によって、エネルギーが高まり頭の回転が早くなります。浅い眠りのため、眼球が寝ている間に動かず目覚めもスッキリ。

 

■30分間昼寝をした場合
30分昼寝をすると、起きた時にふらふらしてまるで二日酔いと同じような感覚が30分ほど続きます。その後カラダが元気になります。

 

■60分間昼寝をした場合
起床した後、しばらくの間頭の中がふらふらします。が、60分間昼寝をすると記憶力の改善を促し、人の顔や名前を覚えやすくなっているのです。

 

■90分間昼寝をした場合
これは深い眠りと、浅い眠りの両方を体験した状態。夢を見ることもあります。アイデアが生まれやすくなったり、感情に変化をもたらしたり、さらには長期的な記憶にも影響を与えます(車を運転することや楽器の技術を磨くなど)。この睡眠を終えた後の目覚めは爽快。

 

 ➡ Tabi Laboより

 

90分くらい昼寝するとそのあとの練習がほんまに上手くいきますよ!

さっきできなかった16分音符の羅列が起きたらスムーズにできるようになった!!

みたいな 😀

これ、私の実体験。実証済み!!

 

お試しあれ 🙂