「星とたんぽぽ」by Mari Tanaka

先日ソプラノリサイタルで伴奏させて頂いた時に、心に染み入る曲があったのでご紹介します。

金子みすゞさんの詩「星とたんぽぽ」に中田喜直さんが作曲された曲です。

金子みすゞさんといえば、「みんなちがってみんないい」が有名かな。

コマーシャル等でも流れていますね。
優しくて、それでいてどこかさみしくて…深~く心に染み入る詩が沢山。

「こころ」、「つもった雪」、「おさかな」、「みんなをすきに」…

それらが中田喜直さんの曲にのって、みんなの心に響いていく。

とても素敵な経験でした。

私もそれ以来詩集を買って娘と読んでいます。

 

「星とたんぽぽ」

 

青いお空の底ふかく、
海の小石のそのように、
夜が来るまで沈んでる、
昼のお星は眼に見えぬ。
見えぬけれどもあるんだよ
見えぬけれどもあるんだよ。

散ってすがれたたんぽぽの、
瓦のすきに、だァまって、
春のくるまでかくれてる、
つよいその根は眼に見えぬ。
見えぬけれどもあるんだよ、
見えぬものでもあるんだよ。

 

「見えぬけれどもある…」といえば!音楽もそうかもしれないですね。

眼には見えないけれど、その空間に響きとして確かに実在する。

楽譜としては眼に見えるかもしれないけど、実際に音として空間に響き、
人々の身体に、心に伝わるものですよね。

眼には見えない物は他にも沢山ありそうです。

それらを感じる感性大切にしていきたいな、と思います。