楽譜には沢山書き込もう

いよいよ!春本番ですか?

もう寒い日、ないよね!?

IMG_3325

 

みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

花粉症は大丈夫??

今、ヒノキ花粉が最前線!

 

 

 

音大生の頃から留学生時代まで、

いろ〜んな人の楽譜を見たことがありますが、

上手い演奏家はみ〜んな楽譜が真っ黒。

 

真っ黒というのは、

様々な演奏の注意書きがされてる、

ということです。

 

かたや、あまり上手ではない人の楽譜はほとんど何も記載(印)がない・・。
(まぁ初心素人さんに多いのですが。誰か有名な演奏家の方もそう言ってたけど・・誰だったかなぁ??)

 

FullSizeRender

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは小学生の生徒の楽譜。ドボルザークの「ユモレスク」。

小学生なので、あえて色を使ってわかりやすく色々書き込んでます。

 

よく音間違いしてしまいがちなところや、
シャープやフラットを落としそうなところはわかりやすく印を入れる。

あと、クレッシェンドとか強弱記号も、より鮮明に頭に叩き込むために印。

 

例えば、「espressivoエスプレッシーボ表情豊かに」。

という楽語があるとして、そういうところはあえて、
自分なりの比喩表現を書いたりする。

そうだなぁ〜、この場合だと、

「花やネコを微笑ましく愛でる感じ」とか、

その曲の色彩を「ゴッホのヒマワリのような色の色彩表情で」とか。

これはあくまで、私の感性でのエスプレッシーボですが。

 

 あとは、解りやすい表現だと、

「crescendoクレッシェンドだんだん大きく」だと、

ご機嫌な波が押し寄せてくるように!とか。

 

 

そうです!

 

演奏家ってただ楽譜を追って吹いている(弾いている)だけじゃなく、

常に、頭の中では様々なことを考えながら演奏しているのです!

 

これは楽器経験者ではないと、なかなか理解してもらえないのですが・・。

楽器演奏って、すごく頭使います。

演奏中に頭で考えていることが、吹き出しのように言葉が視覚化されたら、

すごーーーーく面白いだろうねぇ。

 

本番では、音楽的なこと以外にも、

「あ〜きたきた!この箇所、練習でよく間違えたところや!上手くいくかなぁ?」

・・・・なんて言う、邪道なことも・・・

頭を過ぎります、はい、これ本音。

 

来月、教室の発表会があり、

私もそこで生徒とアンサンブルしたりと出番が (かなり)あるので、

そろそろ真剣にフルートの練習しなきゃなぁ・・ 😐

作曲はしばし、お預け。。。