演奏家とカバン問題

演奏家は荷物が多く

そして重い。

楽器、楽譜、場合によっちゃ譜面台・・。

あ、そうそう、

これはピアニストには当てはまりません。

主に、自前の楽器を持って移動する

管弦楽器奏者のことです。

 

管弦楽器の中で小さくて軽そうなのが

やはり「フルート」ですね。

(「ピッコロ」や「エスクラリネット」も小さいが)

フルートは重量も約500グラム(500ミリのペットボトルと同じくらい)+楽器ケースの重さで合計1キロ強くらいなので、

まぁ軽い!楽勝!

と思いきや!!??

意外にそんなことないんですよね。

ケースの形が普通の鞄と違って横長だし

(電車に乗って楽器を膝の上に置くと、膝から長さがはみ出る)

楽器はデリケートなので、取り扱いに気を使う。

その楽器の他に、

もう一つ鞄を持つ必要があります。

楽譜や財布、スマホ、ハンカチ・・

そう普通の持ち物を入れるバック。

この「楽譜」ってのが結構重いんですよね。

仕事で行く時は、

レッスン用の楽譜や、

自分が合間に練習する楽譜、

作曲の参考書に、

たまにレッスンでPCを使う時があるので、

ノートPCまで持ち歩くと、

もう重さは5キロ以上になります。。。

(5キロのお米をずっと持って移動する感じ)

肩と腕、しぬーーーー!😱

若い時はよかったけど、

さすがにもうあかん!ということで、

最近は「リュックサック」を使うようになりました。

 

このリュックサックですが・・・・

なんか違和感あるんですよね。。。

40代の女性が使うには・・・。

しかも私のようなファッションスタイルには

そぐわない気がする。

リュックサックは若者の特権のような気がしてならない。

でもねー、

実際使ってみるとホント、楽で、実用的なんですよ!!

多少重くてもあまり気にならないし、

基本、両手が空く!

(フルート持ってたら空かないが、軽快、軽快♫)

それに味をしめて、今では荷物が多くなりそうな買い物に行く時も

リュックを使ってます。

なんかね、今はもうオシャレより実用性重視。

 

話が少し逸れましたが、

フルートやクラリネットみたいにまだ小さめな楽器は良いですが、

(フルートの場合は、リュックに楽器も入る)

トランペットほどになると、

楽器はそれほど大きくなくても

楽器ケースが重かったりする。

私がまだ学生の頃は、今と違って

楽器ケースの種類が豊富ではなかったのだけれど、

今は、楽器ケース自体が背負えるものもあるので

体への負担は減ったみたいです。

(ヴァイオリンやヴィオラも最近では多くの人が背負うタイプ)

それにハードタイプの楽器ケースは

楽譜も譜面台も入る余地があるので、

その場合だと、私とは逆パターンですね。

楽器を背負い、小さめの鞄を手に持つ。

 

しかし、これが演奏会用の荷物になると、

楽器、楽譜、衣装、靴、小物・・・・😱

(場合によっちゃー譜面台!)

もうリュックでも無理!

なので、キャリーケース移動になります。

そもそもパーカッションや、

コントラバスの人はほぼ車移動ですね。

楽器によって

スタイルがだいぶん違います。

 

では一番、身軽な音楽家は誰か⁉️

それは‼️

「作曲家」です。

日常は五線譜なり、ノートPCなりですが、

自分の書いた曲の初演など、

演奏会への出演の際は

手ぶらです。

そりゃそうだよね。

だって自分の楽譜を見ながら聴くわけないしね。

 

私はまだフルートなので、

楽器とカバンについての問題はさほどではありませんが、

楽器によっては苦労することもあるので

街で演奏家を見かけたら

優しく見守ってくださいませ( ´∀`)

 

私が使用しているリュックは「無印良品」のものです。

軽量で安価。でも丈夫!

オススメです!

 https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4550182016086

そしてフルートバッグは「吉田カバン」の

「PORTER」シリーズ。

こちらも丈夫でポケットなど実用性が高い。

持ち手が長いので肩がけも出来ます。

こちらもオススメです!

 https://search.rakuten.co.jp/search/mall/フルートケース+ポーター/#qv_196587_10000100

(結構、高価だなぁ。。こんな値段で買ったかなぁ?)