ロッシーニは作曲家です。ロッシーニ風はステーキです。

偉人には変わった人が多いが、この人は面白い人だなぁ〜。

 

彼の名はジョアキーノ・ロッシーニ。

イタ〜リア人の作曲家。19世紀に活躍。

 

220px-Rossini1

 

 彼の一番有名な曲はあれですよ、お馬の曲。

競馬の曲。(かしら・・・?私の印象的に・・)

「ウィリアム・テル」。

 

序曲なので単体の曲ではありません。
(ちなみに序曲とは?オペラなどの開幕に先立って演奏される管弦楽曲の一種)

ま、もうこの序曲だけがとくに一人歩きしてるけどね。。

このオペラは壮大(五幕なるオペラ)で、全てを演奏するだけで4時間近くかかってしまうらしいです〜。

でもそんな壮大な曲たちをロッシーニはたった9ヶ月あまりで作曲したと言われている!

 

「9ヶ月もかかったんかよ!」と思うかもしれない・・・。

4時間も演奏にかかる曲を今の私が書こうと思ったら、60ヶ月はかるくかかる。。

 

ロッシーニの代表作で他に有名なのは「セビリアの理髪師」「泥棒かささぎ」「オテロ」など。

 

さてタイトルの「ロッシーニ風はステーキです」とありますが、

何故?ロッシーニ風ステーキというかご存知でしょうか?

 

ロッシーニは37歳でオペラ創作から引退している。

37歳って今の私と同い年やん!!

彼は才能も人気もあったため、作曲するオペラが次々と当たった。

だからその作品から生み出る収益は莫大であった。

では何故?

音楽の情熱を失ったのか?!

不治の病にでもかかって病床に臥せっていたのか?!

耳が聞こえなくなったのか?!

 

全て違う。

 

その理由がほんまおもろい人やなぁと思う。

元々美食家な彼は、

美食と料理と、トリュフを探すための豚の飼育に没頭するため、

引退したのだ!!!

 

はぁ???

 

意味わからんでしょー。

でもそれほど彼は食に興味があったのだ(なんせトリュフ探しの豚の飼育をするくらいやから)。

37歳以降は気が向いた時少しだけ曲を書き(オペラのような壮大な曲ではなく)、

あとは美食美酒にあけくれるというなんとも不思議で、

愉快で、

悠々自適な人生を謳歌しなさったとさ。

 

moblog_956cbe67s

 

ロッシーニ風ステーキとは、

一般的に牛肉の上にトリュフがのっているステーキのことを言いますが、

そのロッシーニ風というのが、

紛れもない!美食家ロッシーニからの所以なんですよ。

 

なんせ上物トリュフ探しのための豚の飼育を・・・(もぉえぇっちゅーの!)。

 

なんかすごくないですか〜〜〜〜〜!!! 😀

 

偉大なるオペラを作曲し、名前を馳せ、

食業界でも、自らの名前がついてしまう料理を後世に残し。

 

只者じゃないぜ、ロッシーニ。

 

「ウィリアム・テル」みたいな曲を書く、ワイルドな人やもんねぇ〜。

生き方も我が道を行くのだ〜 😛