フルート奏者〜ジェームズ・ゴールウェイ〜

images

 

わたくし、フルート奏者でもあるのに・・フルート関係の記事があまりに少ない・・。

というわけで、本日、私が大好きなフルート奏者のことについて書きましょう。

 

アイルランド出身でベルリンフィルにも在籍されていたフルーティスト、

ジェームズ・ゴールウェイ。

イギリスの栄誉称号を授与されているので、

正確には、サー(Sir)・ジェームズ・ゴールウェイ氏です。

現在76歳。現役のフルーティストです。

 

数年前までは毎年、来日して全国(なはず・・)でコンサートを開催されていました。

奥様(レディ・ジニー・ゴールウェイ)と一緒に。

 

220px-Jeanne_and_James_Galway

 

お二人とも、もんのすごく体が大きくて、それはもうダイナミックな演奏で魅せてくれました。

私はどちらかと言うと、繊細な演奏(音)よりダイナミックな演奏を好む。

 

しかしダイナミックだけではなく、

ゴールウェイ氏の音色は「天使の歌声」で、

 

繊細な音は、極細な金の鎖がシャラシャラ落ちるような、

絹の糸を天からサラサラ落としたような、

奇跡のような天使の音色を聴かせてくれます。

 

初めてゴールウェイの演奏を聴いたのがCDで高校生の時。

それまで他の著名なフルーティストの演奏を聴いては「素晴らしい〜!!」と思っていましたが(実際本当に素晴らしいんですよ!)、

ゴールウェイを聴いて、!!!???

「なんだーこの感情豊かで存在感のある演奏は!?」と驚いた。

天使の歌声と存在感の秘密はヴィブラートで、

澄んだ音色を深いヴィブラートが包む。

そこから私の中で彼だけは一線を画すフルート奏者になった。

特別。Special。格別。別物。番外!!

 

反対に、なかにはゴールウェイの演奏は「雑で大雑把で好きじゃない。」という人もいる。

でも演奏(音楽)なんて超主観の入った「好み」の問題なので、

どれが一番素晴らしいか、一番優れているか、なんてことは自分で決めればいい。

 

音色だけじゃなくてテクニックもそりゃ〜も〜すごいんですよー。

私は意外に指が速く動く(高校・大学で、はや指練習(エチュード)をゲーム感覚でやってたから)、が、

そんなのは目じゃないぜ。

管楽器って「吹く」楽器なので、

当然「舌」も絶妙に使ってタンギングやスタッカート他を指と連動させて演奏しているのですが、

「指」と「舌(タング)」が一致しないと、バラバラなパッセージになる。

ゴールウェイ氏はタングも超速!なんだろうねー。

 

大学生の頃彼の音を聴いてはヴィブラートやダイナミックスを真似て吹いたものです 😛

 

オススメのCDはこちら。

導入編

4135D6BMX2L

 

 ➡ 「ベリー・ベスト・オブ・ジェームズ・ゴールウェイ」Amazon

タイトルを知らなくても有名なクラシック小品と、

映画音楽やポップス系の曲たちが沢山収録されているアルバム。

非常に聴きやすい 😀

私もたまに聴く。

その音色が聴きたいから〜〜〜!

 

専門的

51aS9XmpwXL._SX355_

 

 ➡ 「フランク&プロコフィエフ:フルートソナタ集」Amazon

 

これはピアニスト、アルゲリッチと夢の競演です!

ロストロポーヴィチのところでも書きましたが、
(「ロストロポーヴィチという神」)

アルゲリッチはアンサンブルも上手い!

超一流のプレイヤーはアンサンブルが上手い!

 

BGM的

412GRREDGZL

 

 ➡ 「ソング・オブ・ホーム〜アメリカ音楽の旅〜」Amazon

 

ちょっと珍しいアーリーアメリカ的なフルートを交えた編成のアルバム。

編成はフルート(ティン・ホイッスルも吹いている)、フィドル(弦楽器)、ギター・ピアノ・ボーカル。

トラディショナルアメリカが聴けます。

今も書きながら聴いてます。

じっくり聴くというより、BGM的に聴けてなかなか良い感じです。

これを聴くと、何故か去年訪れたハワイの夜を思い出す 😉

 

ゴールウェイを聴くといつも思う。

「そりゃ私は世界的な超一流フルート奏者になれなくて当然だわ。」

これはいじけて発する言葉じゃなくて、賞賛です!

彼ほど世界の人々から末長く愛され続けるプレイヤーにはやっぱり、

神懸かった魅力がある。

 

一度聴いてみてください。

ゴールウェイを聴いてそのあと私のCD(もしくはYouTube)を聴いたら、

違いは一目瞭然です、はい、残念ながら、いや、でも私はそこで勝負してへん。

私はフルートオリジナル曲を書くコンポーザーだー!

今日もコツコツ神戸の六甲山で作曲に勤しむ。いひひ 😉

 

沢山の人を幸せに❤️楽譜販売・制作中  →http://akiyouematsu.com/shop/4367/

 

怪奇ショートムービーもいかがですか?