作曲とマーケティング戦略《マーケティングアイデアと名曲は似ている》

春うらら、、

温かな日差しが感じられるようになりましたが、

それ故に

スギ花粉の飛散が本格化してアレルギー持ちには地獄の日々😱

皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

 

前回、《音大で必要なカリキュラム》を書きましたが、

確定申告や著作権申請法などの、

各種手続きは置いといて、

やはり一番興味があり、

絶対必要だと感じるフィールドは

「マーケティング」

ではないでしょうか。

世の中には「マーケティング」に関する書籍が

ごまんと出版されています。

しかし「The マーケティング論!」という

小難しそうな分厚い本を読んでいる時間はない!!

ということで、

基礎知識を

面白く

ササッと読める本を2冊紹介したいと思います。

どちらも楽しく数時間で簡単に読めます。

 

1)『物を売るバカ』川上徹也 著

読む進めると、

「こんなこと知ってるわ」と思うことが沢山出てきます。

しかしそれは【結果論】であって、

最初に着眼した人はやはりアイデアマンだな。と思います。

 

2)『これ、いったいどうやったら売れるんですか?』永井孝尚 著

こちらはさらに読み物として面白い。

私たち消費者は、

無意識に会社戦略に踊らされているかわかります。

悪い意味じゃなくてね。

ランチェスター戦略についても少し触れています。

こちらもマーケティング戦略の成功例(結果論)を読むと、

「そんな簡単なことかよ~」と思うんですが、

やはり、

発想力や着眼点が素晴らしい!

 

 

これらを読んで私が音楽家として思ったこと。

「作曲家が名曲を生み出すこと」

とてもよく似ています。

世の中のビジネスマン(企画開発や営業職など)が、

経験と知恵を絞り、

出したマーケティング戦略が、

全て

「功を奏す」

わけではありません。

「ちょい勝ち」はあっても

大きく勝つことは少ないはず。

作曲も同じ。

大作曲家の

「ちょいウケ」はあっても

ベストヒットを出せるのは少ない。

大作曲家でも、です。

うーーーーーー。

音楽だけではなく、

何事も、

「アイデア」

「先見の明」

「直感力」

「独自性」

などは必要ですね。

でもその前に、

「基礎的なこと」が知ることはとても大切なことですね。

是非、参考にしてみて下さい。

😉


いつもありがとうございます❤️

YouTubeチャンネル登録

Instagramフォロー

Facebookの友達リクエスト、大歓迎です🍀

➡️【YouTube】「Akiyo Uematsu 

➡️【Photo and Video】Instagram

➡️【Facebook】 https://www.facebook.com/akiyo.uematsu.1